乳酸菌サプリを飲むタイミングはいつ頃がいい?

乳酸菌サプリを飲むならどのタイミングを狙うべきか?

腸内環境を整える乳酸菌は、現在サプリにして発売されている事もあり、無理して乳酸菌飲料や食品を取らずとも手軽に摂取できる様になっています。

しかし1つ気になるのが、乳酸菌サプリを使ったとしてもどのタイミングで飲めば良いのかについてです。

特に取り決めはしておらず、違う時間に飲んだからと言って人体に悪影響がすぐに出ると言う訳でもありませんが、飲むタイミングとしてはベストな時間帯もあります。

就寝前

腸内環境は人が眠っている間の時間帯に活発的に動くので、就寝前に飲んで眠っている間に乳酸菌の活動を活発化させ、腸内環境を整えさせます。

夜10時~深夜2時ぐらいの時間帯は、腸内の細菌が特に活発化するので、出来る事ならこの時間帯にはサプリを飲んで、就寝した方がオススメです。

翌朝起きた頃には、腸内環境も整えられ、快適に過ごす事も出来ます。

食事の後

食事中なら、胃酸や消化液が活発で繊細な乳酸菌だと消化されてしまい、満足に効果を発揮しにくいです。

なので食事の後、可能ならば胃酸や消化液の活動が収まった2時間後から飲むと良いでしょう。

そうする事で乳酸菌が生きたまま腸内へと送り届けられ、腸内環境改善へと移せます。

これ以外にも飲むタイミングはある

飲むタイミングでオススメなのは以上の2つになります。

しかし、この2つ以外のタイミングでは駄目なのかと言われたらそうでもありません。

上2つに比べるとベストでは無いけれど、他にも飲むタイミングとして以下のこともあります。

毎日決めたタイミングで飲む

就寝前や食事の後だと、忘れてしまうのであれば、他にベストなタイミングを自分で見つけましょう。

例えば、15時のおやつの時間帯だったり仕事開始前に飲んだりと、自分が確実に頭を働かせていて、忘れる事が無い時間帯に飲むのもタイミングとして悪くありません。

少なくとも体の方は「この時間帯に乳酸菌が来る」と体内リズムが出来て、体調も整えられます。

ただ出来る事なら、先に触れた通り、食事の後から間を開けてくれた方が乳酸菌は摂取しやすいです。

もっとも効率良く確実に乳酸菌で腸内環境を整え体内ならタイミングも考慮すべき

乳酸菌サプリは、手軽に飲める点は非常に魅力的ですが、サプリと言えど乳酸菌を生きたまま体内に入れ、腸内環境を整えるには先にベストなタイミングを把握しておく事が無駄なく効率的に摂取できます。

サイトマップ