乳酸菌サプリは飲み過ぎても大丈夫?過剰摂取によって起こる副作用とは?

中々効果が出ないと、つい決められた用量よりも多くサプリを摂取しちゃいますよね。

腸内環境を整える効果がある乳酸菌サプリも、効果が出ない!と過剰摂取に走ってしまう人が多いです。

しかし、過剰摂取につきものなのが、副作用ですよね。

果たして、乳酸菌サプリを過剰摂取してしまった場合、何か副作用は出ないのでしょうか?

乳酸菌サプリの過剰摂取は副作用が出る可能性あり!

結論から言いますと、乳酸菌サプリを過剰摂取すると副作用が出る可能性はあります。

乳酸菌サプリ自体は薬ではないので、過剰摂取したからといって体に悪影響を及ぼす副作用が出る可能性はほとんどありません。

ただし、体調が良くない、お腹の調子が良くない、という状態の場合、乳酸菌サプリの過剰摂取をすると稀に以下のような副作用が出てしまうんです。

お腹がゆるゆるに

乳酸菌サプリを過剰摂取すると、腸内もそれに答えようとして活発に働き始めます。

その結果、お腹がゆるゆるになってしまうことも。

あまりにお腹ゆるゆる状態が治らないなら、一時的に乳酸菌サプリの摂取を止めてみましょう。

おなが出やすくなる

同じく、過剰摂取をすると腸内が活発に働き始めるので、お腹にガスがたまりやすくなってしまいます。

その影響で、おならが頻繁に出る事も。

また、おならの臭いがクサい場合は、腸内で悪玉菌が優勢状態にあるので、気を付けた方がいいかもしれませんね。

乳酸菌以外が副作用を起こす場合も!

しかも、乳酸菌サプリの過剰摂取で悪影響を与えるのは乳酸菌だけじゃないんです。

乳酸菌サプリに含まれてる他の成分によっては、より危険な副作用が出る場合があるので注意が必要なんですね。

例えば、ビタミン。

ビタミンを過剰摂取すると、

  • 吐き気
  • 高血圧
  • 頭痛

などの副作用が出る事があります。

このビタミンが乳酸菌サプリに含まれていたら、そしてその乳酸菌サプリを過剰摂取してしまったら、どうなるでしょう?
当然、ビタミンの過剰摂取で起こる副作用が出る可能性がありますよね。

このように、乳酸菌サプリに含まれてる他の成分によって、多大な副作用が出る可能性は否定できません。

体を健康にしたいから乳酸菌サプリを飲むのに、その乳酸菌サプリによって体が不健康になったら意味がないですよね。

乳酸菌サプリを過剰摂取すると、副作用が出るので気を付ける!

基本的に乳酸菌サプリは用法・用量を守って飲みましょうね。

乳酸菌サプリは用量を守ろう!

効果が出ないと、ついつい沢山サプリを飲みたくなる、その気持ちはわかります。

でも、乳酸菌サプリの過剰摂取は、体に多大な副作用が出てしまう事もあるんです。

乳酸菌サプリの「良い効果」だけを感じる為にも、過剰摂取は厳禁!

用量をしっかり守って、安全に乳酸菌サプリを飲んでくださいね。